キスゲミヤビベラ(新称)とアマナミヤビベラ(新称)

昔からよく言われるのが「深場に降りれば、そりゃ珍しい魚にも出会うに決まってんじゃん。。。」。
ここでいう深場というのは潜水調査船で行くような1,000-2,000mの深海の事ではなくて、ダイバーが行くことができる-40m以深の事だ。

当然、僕もそう思うし(笑)、実際、-40m以深の水域はまだまだ一般的には知られていない未記載種(つまり新種)で溢れている。

先日、生物分類学の国際誌「ZOOTAXA」にて、そういう深場の未記載種の1つで「テレラブルス属の一種」としてかなり前からダイバーの間ではよく知られていたベラの仲間2種にようやく和名がつき、うち1種は新種として記載された。

アマナミヤビベラ

アマナミヤビベラ
Terelabrus rubrovittatus Randall & Fourmanoir, 1998
写真提供:橋本 俊久さん

キスゲミヤビベラ

キスゲミヤビベラ
Terelabrus dewapyle Fukui & Motomura, 2015
写真提供:橋本 俊久さん


上の左写真は国内では八丈島や柏島などの深場で見られ、これまで「テレラブルス属の一種」と呼ばれていたベラで、これはTerelabrus rubrovittatusに同定され、日本初記録として新たな標準和名がついた。
成魚の背鰭が黄色くなり、赤い2本ラインの間が白色になるのが特徴だ。

アマナミヤビベラ(新称)
Terelabrus rubrovittatus Randall & Fourmanoir, 1998

また右写真は国内では屋久島や柏島、薩摩硫黄島などの深場で見られ、アマナミヤビベラとよく似ている同属のベラなのだが、このベラは今回、新種として記載され(Terelabrus dewapyle Fukui & Motomura, 2015)、新たな標準和名もつけられた。
成魚の背鰭が透明で、赤い2本ラインの間が黄色になるのが特徴だ。
屋久島ではこちらの記録があり、-60mの緩い斜面で割と普通に見られるベラだ。

キスゲミヤビベラ(新称)
Terelabrus dewapyle Fukui & Motomura, 2015

記載した論文の著者、福井美乃嬢によると、どちらの和名もユリ科の花の名前からとったそうだ。
何とも女性らしいネーミング。。。(笑)
アマナはユリ科アマナ属の多年草で花弁に白地に赤いラインの入る花で、キスゲは多分、ユウスゲ(Hemerocallis citrina var. vespertina)の事で、花弁が黄色いユリ科ワスレグサ属の多年草だ。

うん!今回は素直に綺麗な和名だと思う。。。(^^)

参考:
アマナ【植物図鑑・撮れたてドットコム】
ユウスゲ Hemerocallis citrina var. vespertina 三河の野草

ちなみにこのテレラブルス属という属名にも「ミヤビベラ属(新称)」という和名がついたのだが、これまた福井美乃嬢によると「その特徴的な細くしなやかなからだで水中で泳ぐ様はとても雅やかであろう」というところからこの属名をつけたとの事。。。

ミヤビベラ属(新称)
Labridae: Terelabrus Fukui & Motomura, 2015

彼女はダイバーなのだが、まだビキナーの域を脱していないので(笑)、当然、深場に生息するこのミヤビベラ属のベラを水中では見たことがない。

実はこのベラ、暗い深場でライトも当てずに見ると、メチャクチャ地味なんだよね。。。(^^;)
小さく細~いベラで、深い水深で見る赤いラインは黒やこげ茶見えるので、とにかく目立たない。
とても彼女の言う「雅やかな」泳ぎを見せるベラではないんだよね。。。残念だけど。(笑)

確かに深場に降りれば、そりゃ珍しい魚にも出会うに決まってる。
なにせ、-40m以深の水域はまだまだ一般的には知られていない未記載種(つまり新種)で溢れているからだ。

しかし、それに気づくかどうかは別の話だ。。。
やや暗い深場で、まだ知られていない、ひっそりと生活している地味~いな魚たち(未記載種=新種)に気づいてあげられるのは、浅場でもキッチリ普通種を観察しているダイバーだけの特権であって、誰でも深場に降りれば珍しい魚に出会えるわけではないのかもしれない。。。(^^;)

参考:

Zootaxa 4040 (4): 559–568 (13 Nov. 2015)
A new species of deepwater wrasse (Labridae: Terelabrus) from the western Pacific Ocean
YOSHINO FUKUI & HIROYUKI MOTOMURA
Preview (PDF; 100KB) | Full article (PDF; 12,400KB)

Leave a Comment

CAPTCHA