ヘビギンポ偏愛 – 外伝(1)

非常にご無沙汰しております! 記事を書くのは昨年の6月以来ですから、1年以上サボってしまった。。。(・・; あれから日本初記録として標準和名がついたヘビギンポがいるのでご紹介。 ただこの「ヘビギンポ偏愛」シリーズは、1種… 続きを読む »

ヨロンスズメダイ(新称)

長年、マニアなダイバーの間で「アイランドグレゴリー」と呼ばれていたクロソラスズメダイ属のスズメダイにようやく和名がついた。

ヨロンスズメダイ(新称)
Stegastes insularis Allen and Emery, 1985

このスズメダイは東インド洋のクリスマス島および日本の小笠原諸島・南鳥島で採取された標本に基づき1985年に新種記載され、その後、琉球列島の各地や伊豆諸島・八丈島、そしてここ屋久島などで広く見られるスズメダイであることは分かっていたのだが、日本で見られる魚類全種が掲載されているはずの「日本産魚類検索」にも載っておらず、標準和名もなかった。

しかし、僕もカメラ班として参加した今年4月の鹿児島大学「与論島魚類調査」で7個体が採取され、5日に発行された魚類学雑誌で「ヨロンスズメダイ」の標準和名が提唱された。

西山 肇・渡井幹雄・瀬能 宏・本村浩之.2012 (Nov.). 鹿児島県与論島から採集されたスズメダイ科魚類Stegastes insularisヨロンスズメダイ(新称)とその分布特性.魚類学雑誌,59 (2):155-162.

ヨロンスズメダイ成魚(撮影地・与論島)

ヨロンスズメダイ成魚(撮影地:与論島)

ヨロンスズメダイ若魚(撮影地・与論島)

ヨロンスズメダイ若魚(撮影地:与論島)


クロソラスズメダイ属のスズメダイ全般に言えることなのだが、このスズメダイは非常に地味な魚でもあるので、普通種であるにも関わらず、認識していないダイバーも多いかもしれない。
しかし、難解な近似種の見分けが大好きなマニアなダイバー(笑)の間では15年以上前から「アイランドグレゴリー」と呼ばれていた有名な魚で、実は琉球列島では比較的、ごくごく普通に見られるスズメダイだ。
同属のセダカスズメダイやフチドリスズメダイ、アイスズメダイなどとよく似ているため、「見た事がない」というダイバーも多分、混同しているだけなのかもしれない。

ヨロンスズメダイ成魚(撮影地:屋久島)

ヨロンスズメダイ成魚(撮影地:屋久島)

ヨロンスズメダイ若魚(撮影地:屋久島)

ヨロンスズメダイ若魚(撮影地:屋久島)


ヨロンスズメダイ成魚(撮影地:屋久島)[/caption]屋久島でも当然、幼魚から成魚まで見られるスズメダイで、繁殖もしているようだ。
僕も10年近く前にこのアイランドグレゴリーを含むクロソラスズメダイ属の魚の水中での識別に燃えた時期もあった。(笑)

ヨロンスズメダイ成魚(撮影地:屋久島)

ヨロンスズメダイ成魚(撮影地:屋久島)

当時は水中でうーん、うーん、唸りながら悩んだりしていたけど(笑)、今年4月、与論島で潜ってビックリした。
あれだけ悩んだアイランドグレゴリーがウジャウジャいて、当地でも普通に見られるセダカスズメダイやフチドリスズメダイとは遠目で見てもまったく違う似ても似つかないスズメダイだったのだ。

それは南に行けば行くほど明るい環境に合わせて多くの魚が白っぽくなる傾向があるのだが、アイランドグレゴリー(以後、ヨロンスズメダイ)もそうだった。
そのせいかヨロンスズメダイの特徴でもある尻ビレの黒い部分がクッキリしていて、もはやセダカスズメダイなどとはまったく似ていないスズメダイだったのだ。(・_・;

ヨロンスズメダイ成魚(撮影地:屋久島)

ヨロンスズメダイ成魚(撮影地:屋久島)

ヨロンスズメダイは屋久島ではもっと濃い茶色のスズメダイで当然、尻ビレの黒い部分はこの濃い体色に紛れて与論島の個体ほどクッキリはしていない。
そして、同じような暗い体色のセダカスズメダイとソックリなのだ。

しかし、与論島では違った。
まったく違うスズメダイだったのだ。。。(・_・;
しかも、ウジャウジャいるし!!!

マニアなダイバーが識別に燃えるのは、その対象が難解だからだ。(笑)
だとすると、10年近く前、僕が与論島をホームグラウンドにして魚の観察をしていたら、きっとあれほどクロソラスズメダイ属のスズメダイ識別には燃えていなかったかも。。。(笑)

ナギナタハゼ(新称)

ダイバーの間ではよく知られている「ホムラハゼ属の一種」がついに新種記載されたようです。

ナギナタハゼ

ナギナタハゼ (写真提供:michiki618(ocean paradise)さん)

台湾の研究者によって記載されたのですが、日本の研究者・鈴木寿之氏も共著に加わっているからか、標準和名も提唱されたようです。
掲載誌はZOOTAXA。

標準和名: ナギナタハゼ(新称)
学名: Discordipinna filamentosa

屋久島ではまだ記録のないハゼなので、興味もイマイチなのだけど。。。^^;
。。。。負け惜しみなんかじゃないやい!(笑)

今のところ、久米島、沖縄本島、柏島なんかで観察例があるようですが、そうなると屋久島にもきっといるよな。。。とは思うのだけど、どの観察例も深いなぁ。。。(^_^;)
30m以深で転石下を探すのかぁ。。。マジ???

ちなみに「ナギナタ(薙刀)」の和名はなかなか良いのでは?(^^)
切先の反り具合なんかは「まさに!」と言った感じ。
これとよく似たヘビギンポを「通称・リーゼントヘビ」と呼んでいるのだけど、「リーゼントハゼ」などというフザけた和名にならなくて良かった。。。(笑)

「通称・リーゼントヘビ」が新種記載されるのはいつのことだろう。。。
一方は「ナギナタ」、一方は「リーゼント」では可哀想過ぎる。(¨;)

ZOOTAXAに掲載されたこの記載論文は以下の通りです。

Chen et al (2012) Discordipinna filamentosa sp nov from Japan

ヘビギンポ偏愛(37)

[幻のヘビギンポ] 僕がヘビギンポに興味を持つきっかけとなったヘビギンポがいる。 12〜13年くらい前になるだろうか。。。沖縄本島や久米島で見つかった第1背ビレが異常に突き出たカッコいいヘビギンポの存在を知ってからだ。 … 続きを読む »

「環境」と「サイズ」の大切さ

生き物の写真を撮って名前を調べる時、普通は図鑑やwebなどで形や色、そして模様などで種を判断する。 でも、実は意外に大切なのが「環境」と「サイズ」だ。 前から温帯域のダイバーさんたちが撮っていた「オオタマウミヒドラ」と呼… 続きを読む »