シロオビイソハゼ(新種)とコジカイソハゼ(新称)

生物の名前には和名と学名があって、よく勘違いされる事なんだけど、和名は決して学名に対してつけられるものではない。
和名も学名同様にその実体に対してつけられるものなのだ。
だから当然、和名がつけられた際に基になった標本と、その種が新種として記載された際に基になった標本とが、実はまったく別の種類だった!!な~んて事は、結構頻繁に起こる。
人間には間違いがあって当然だし、そもそも「科学」とはそういうものだ。
しかし、基本的に普段和名にしか親しんでおらず、研究者の言う事は絶対(真理)だと思っている僕ら一般市民からみると、こんな面白い事が起こる。

シロオビイソハゼ / 屋久島
シロオビイソハゼ / 屋久島
「シロオビイソハゼ」というハゼがいる。
日本では沖縄の島々や屋久島などで見られ、僕の知る限りでは屋久島が最北限になるイソハゼの仲間だ。
ホバーリングする、お腹に白い線が入った綺麗なイソハゼなのだが、2003年に西表島の標本を基に既知種(Larsonさんという人によって新種記載されたのは1976年)のEviota pellucidaだと同定され、その時に日本初記録という事で標準和名「シロオビイソハゼ」が提唱された。
しかし、これがどうも間違いだったようで、「シロオビイソハゼ」はEviota pellucidaではない事が分かったのだ。
精査の結果「シロオビイソハゼ」は該当する既知種がいないので、今回、Eviota atriventrisという新種として記載された。

標準和名: シロオビイソハゼ
学名: Eviota atriventris (新種)

「シロオビイソハゼ」はハゼ好きのダイバーの間ではそれなりに知られているハゼなので、今さら新種と言われても困るかもしれないが、間違いなくこれは”新種”なのだ。(笑)
”新種”というとニュースになる事も多いし、一般の市民の中には”新種”というと何やらこれまで知られていなかった生物が森の奥地から見つかった!!!という感覚を持っている方が多いかもしれないけど、こういう形で新種は机の上で生まれる。
と。。。話はここで終わらない。。。面白いのはここから。(^^;

で、これとは別に、ハゼ好きダイバーの間でバイブルになっている「日本のハゼ」のP144に載っている「イソハゼ属の1種-4」というイソハゼの仲間がいる。
屋久島や奄美大島、沖縄の島々ではごくごく普通に見られる赤いイソハゼの仲間で、これも僕の知る限りでは屋久島が最北限になると思うのだが、これが何者なのか分からないままだった。
当然、新種(未記載種)の可能性もあったのだが、これが今回、同時に奄美大島の個体を基に何者なのか分かったようだ。

コジカイソハゼ / 屋久島
コジカイソハゼ / 屋久島
コジカイソハゼ / 屋久島
コジカイソハゼ / 屋久島

それが何と、Eviota pellucidaだったのだ!!
Eviota pellucidaは、先ほど説明した、これまで間違えてシロオビイソハゼだと思われていた種類だ。。。(笑)

大丈夫??話についてきてくれてる???(^_^;)

という事で今度こそ、これがEviota pellucidaの日本初記録になるわけだ。
そして同時に「コジカイソハゼ」という標準和名がつけられた。

標準和名: コジカイソハゼ(新称)
学名: Eviota pellucida

でも、これは当然、新種ではない。
Eviota pellucidaは既知種なので、日本初記録になるのだ。

和名もすでにあって、これまでよく知られていたイソハゼが”新種”になり、もしかしたら新種かも?とされていた和名のない謎のイソハゼが”既知種”だったというオチだ。(笑)
和名も学名もあったハゼが新種で、和名も学名もなかったハゼが新種じゃない不思議。。。(笑)
分類は学名を介さないと理解しにくい事がかなり多い。。。(^_^;)

記載論文: Eviota atriventris, a New Goby Previously Misidentified as Eviota pellucida Larson (Teleostei: Gobiidae)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA