宇宙を漂う有機生命体型宇宙船たちの多様性

屋久島を含む薩南・トカラの海は国内でも指折りの透明度が良い海域だと思う。 それは黒潮のおかげであり、屋久島の場合、黒潮が接岸している毎年7月から11月くらいまでの間は湾内でも30m以上の透明の良い日が続く。 しかし真水の… 続きを読む »

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA