新標準和名「ニホンウナギ」

日本魚類学会誌「魚類学雑誌」の最新号に面白い記事が載っていたので紹介。

これまで日本に自然分布するウナギ属の魚はウナギ(A.japonica)とオオウナギ(A.marmorata)だけだったのだが、近年ヨーロッパウナギ(A.amguilla)やアメリカウナギ(A.rostrata)など外国産のウナギが大量輸入され、今では食用ウナギの大部分がこれら外国産のウナギが占めるようになってきている。
また、最近ではこれら外国産のウナギが外来魚として日本の天然水域に棲みついているのが見られるようになってきた。

にも関わらず、すべての種類がウナギ属魚類全般を指す「ウナギ」という一般名称であたかもひとつの種類のように扱われ、種をあらわす「ウナギ(A.japonica)」との混乱が見られるようになってきた。
こうした背景からこれまで日本在来のA.japonicaに対して用いられてきた「ウナギ」という標準和名を改め、「ニホンウナギ」という新標準和名を使うことを提案したい、との事。

もともと学名がジャポニカ(A.japonica)で英名も一般的にはJapanese eelと呼ばれているのなら、「ニホンウナギ」という標準和名は妥当。
むしろ、今までそのような標準和名がなかったのが不思議なくらいだ。
これまでも養殖関係者の間ではヨーロッパウナギと区別するために「ニホンウナギ」の呼称は使われていたようだけど。。。

確かにこれまで鰻を食べていても、それが外来種なのか在来種なのかなどあまり意識したこともない。
一応、スーパーでは「中国産」とか書かれてはいるけど、それがニホンウナギなのか、ヨーロッパウナギなのかなど気にしたこともない。
なぜなら、天然ものか?養殖ものか?という区別はあっても、すべてが「ウナギ」として売っているからだ。
これは僕だけじゃなく、多くの日本人が持つ感覚ではないだろうか?

これでウナギにも日本在来種がいる事を嫌でも意識する事になり、これが外来のウナギに押されつつある在来のウナギを守る一助となるかもしれない。
どんな生き物にも言えることなのだが、まずはそのような種類の魚がいる事を知らなければ、問題提起さえも起きないだろうから。

和名がその種を守るキッカケとなり得るかも知れず、これは和名の果たす立派な役割のひとつなのかもしれない。

ちなみにこの日本在来のウナギは中国の沿岸、台湾、韓国などにも分布しており、、台湾や中国大陸でも日本鰻、または日本鰻鱺とか呼ばれているのが面白い。

新標準和名 ニホンウナギ Anguilla japonica

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA