日本赤十字社の東北関東大震災義援金の仕組み

日本赤十字社に集まった東北関東大震災の義援金は、集まり具合に応じてその都度(だいたい1-2か月単位で)、各県の「義援金配分委員会」に送金される。

どういう事かというと、初回は4月末日締めなので、震災後、いてもたってもいられなくなって即義援金を赤十字に送金した方も、震災後2か月が経過した4月30日に送った方も同じ日に被災地に義援金が届くことになる。

いずれにしても即効性はなく、義援金配分委員会の話し合いの時間なども考えると、被災者に分配されるまでにかなりの時間(約2-3か月から半年)がかかる。

日本赤十字社というと医療のイメージが強いかもしれないが、ここに寄付したお金は生死が関わるような緊急性を要するものに使われるというよりも、むしろ今後の個人の生活の立て直しなどに使われると思った方が良い。

日本赤十字社の東北関東大震災義援金の取扱期間は平成23年3月14日(月)~平成23年9月30日(金)。

【日本赤十字社】寄付・献血・ボランティア|東北関東大震災義援金.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA