直接、被災地自治体(市町村)に義援金を送ろう。

東北地方太平洋沖地震から10日。
早くも義援金詐欺が横行しているのには驚きを隠せない。
その神経が信じられないのだが、このような詐欺はもちろん引っかかる方にも大きな問題がある。
その一番の問題点はその善意や援助の気持ちが「受け身」である事だと思う。

義援金の送り先としてNHK、中央共同募金会、日本赤十字社などを始め、新聞社、各種NPO団体、各種ネットサービスなどいろいろあるのだが、本当に善意の気持ちを被災地に届けたいのであれば、そのお金の流れや用途などを自分自身で詳しく調べ、吟味し、自発的に援助する気持ちが大切だ。

個人的には確実に被災地の復興のために役立てたいのなら、できる限り間に噛まさないで、しかも継続的に送るのがベストだと思っている。
例えば、ある大手新聞社は集めた義援金を日本赤十字社に送るのだが、電話で問い合わせてみると経費を差っ引いて送るのだそうな。。。(・・;)
それなら日本赤十字社に直接送った方が、被災地に多くのお金が届くことになる。

【日本赤十字社】寄付・献血・ボランティア|東北関東大震災義援金を受け付けます

結局、多くのネット・サービスや各種団体の募金システム・イベント・企画は日本赤十字社や中央共同募金会に送るパターンが多い。
ちゃんと調べていないので断言できないが、これも全額が被災地、もしくは日本赤十字社に届くのか、しっかり問い合わせ、その上で参加した方が良いのではないかと思う。

ちなみに日本赤十字社に集まった義援金は全額各県の「義援金配分委員会」に送金される。
その後、同委員会で立てられた配分計画に基づいて、都道府県、市町村に分配、更にそのお金は被災者の方々へ届けられるようだ。

また東北関東大震災の場合、取扱期間が平成23年3月14日(月)~平成23年9月30日(金)となっているが、これは集まり具合に応じてその都度(だいたい1-2か月単位で)、各県の「義援金配分委員会」に送金される。
つまり、初回は4月末日締めなので、震災後、いてもたってもいられなくなって即義援金を赤十字に送金した方も、震災後2か月が経過した4月30日に送った方も同じ日に被災地に義援金が届くことになる。
いずれにしても多くの人が考えているほど即効性はなく、義援金配分委員会の話し合いの時間なども考えると、被災地に分配されるまでにかなりの時間(約2-3か月から半年)がかかる。

日本赤十字社というと医療のイメージが強いかもしれないが、ここに寄付したお金は生死が関わるような緊急性を要するものに使われるというよりも、むしろ今後の個人の生活の立て直しなどに使われると思った方が良い。

また、被災した個人に直接に現金を分配できるのは、地方自治体だけ。(日本赤十字社を通した寄付金も一度、地方自治体に入る)
会社、各種組織、NGO団体、ボランティア団体などは背景が不明なモノが多いので、義援金を他人に仲介させず、被災地の市町村へ直接寄付するのが最も良いと思う。
個人的に何らかの関わり合いや繋がりのある被災地があって、そこを直接、支援していきたいという具体性があるのであれば、なおさら直接その地方自治体(市町村レベル)に義捐金を送るのがベストだ。
そして大切なのが継続的に送り続けるという事。

震災直後、被災したほとんどの市町村は行政機能がマヒしていたため、窓口は各県レベルがやっとだったが、ここ2-3日で八戸市、石巻市、気仙沼市など直接、義援金窓口を開き始めたところも多い

追記(2011年3月23日):
直接、地方自治体へ義援金、寄附金を送る場合、税制上の優遇措置がある。
義援金を送る際、金融機関から受け取った領収証書は大切に保管する事。
確定申告時に必要になる。

参考:「ふるさと納税」
個人住民税の寄附金税制が大幅に拡充されました.
「ふるさと納税」はどうやってするの? – 「ふるさと納税」応援サイト 『ふたくす』

追記(2011年4月13日):
その後、市町村自治体による義援金窓口は一気に増えたけど、大きなダメージを受けた市町村の中には未だにホームページすら復活していないところも数多い。(陸前高田市や大船渡市など)
むしろ、そのような市町村ほど支援が必要なのだと思うのだが、遠隔地にいるとなかなか情報が得難い。。。

 

被災地の自治体が開設している義援金の受付窓口リスト(2011/04/13現在)

【被災県の受付窓口】

○青森県

県内被災者への義援金等の受付について.
(お問い合わせ先:017-734-9276)

○宮城県

宮城県/寄附金の取扱いについて.
(お問い合わせ先:022-211-2377)

○岩手県

東北地方太平洋沖地震に係る義援金・寄付金の募集について.
(お問い合わせ先:019-629-5408)

○福島県

福島県ホームページ – 組織別 – 寄付金について.
福島県ホームページ – 組織別 – 義援金(県内の被災者に対する生活支援)について.
(お問い合わせ先:024-521-7322)

○茨城県

茨城県>義援金・寄附金をお寄せいただく場合の窓口ご案内.
(お問い合わせ先:029-301-3164)

○栃木県

栃木県/東北地方太平洋沖地震の被災者支援義援金(とちまる募金)の募集.
(お問い合わせ先:028-623-0613)

○千葉県

災害義援金の募集について/千葉県.
(お問い合わせ先:043-223-3335)

【被災市町村の受付窓口】

<青森県>

○八戸市

http://www.city.hachinohe.aomori.jp/index.cfm/13,39215,48,html
(お問い合わせ先:0178-43-9258)

<宮城県>

宮城県の自治体(市町村)が開設している義援金の受付窓口リスト(2011/04/13現在) | RELAX…?.
⇒その後、義援金&寄付金の窓口を開設した市町村が増えたので、こちらにまとめました。

<岩手県>

岩手県の自治体(市町村)が開設している義援金の受付窓口リスト(2011/04/13現在) | RELAX…?.
⇒その後、義援金&寄付金の窓口を開設した市町村が増えたので、こちらにまとめました。

<福島県>

福島県の自治体(市町村)が開設している義援金の受付窓口リスト(2011/04/13現在) | RELAX…?.
⇒その後、義援金&寄付金の窓口を開設した市町村が増えたので、こちらにまとめました。

<茨城県>

○稲敷市

http://www.city.inashiki.lg.jp/news.php?code=80

○かすみがうら市

http://www.city.kasumigaura.ibaraki.jp/img/saigai/saigaitop.html

○下妻市

http://www.city.shimotsuma.lg.jp/cgi-bin/kanrisystem/newsview.cgi?no=1932
(お問い合わせ先:0296-43-2111 内線1223)

○ひたちなか市

http://www.city.hitachinaka.ibaraki.jp/SKYU/saigai/gienkin.html
(お問い合わせ先:029-273-0111)

ディスカッションに参加

6件のコメント

  1. はじめまして。
    私も中抜きされるのがいやで自治体に直接義捐金を送りたかったので
    (去年の口蹄疫から学んで)非常におまとめいただいてありがたく思います。
    さっそく活用させていただきます。
    まずはお礼まで。。

    1. はじめまして。

      ここでは書き忘れたのですが、即効性の面でもやはり直接、市町村に義捐金送るのがベストですよね~(^_^)
      日赤がもう少し分配を短時間で行えれば、良いのだけど。。。

      あれからまた行政機能が復活した市町村が他にあるかもしれません。
      みんなでそうした情報を共有して、義捐金が全額、被災者の役に立つようにしていきたいですね。

      情報があったら逆に教えてください!

  2. 始めまして、私は長野の南に住んでいるものです。

    私も震災直後には日本赤十字社に義援金を送りました。
    医療が最優先だと思いましたので・・。
    このブログでのお金の流れはとても参考になりました。
    ありがとうございます。

    私もこれから地方の自治体への振込みにかえていきます。
    詳しい情報ありがとうございました。

    1. はじめまして。(^_^)

      直接、市町村へ。。。という事になると、マイナーな町村にはお金が集まらなくなっちゃう可能性があるので、これは決して一般論ではないのですが、僕らとしてはより被災者個人の助けになるようなお金の送り方をしたいですよね。。。
      いずれにしても思い入れのある、継続的にこれからも支援したい市町村がある事が前提の意見なのかも知れません。。。

      僕は昔、数年間、宮城県石巻市に住んでいたことがあるので、石巻市と女川町、東松島市の3市町を集中的に応援したいと考えています。

  3. はじめまして。

    募金をするにあたり
    どこにするかを考えていたところ
    こちらのブログを見つけました。

    分かりやすくまとめていただいてありがとうございます。
    是非、参考にさせていただきます。

    また、私のブログに
    こちらのブログのURLを貼らせて頂いても良いでしょうか?

    1. コメントありがとうございます!(^_^)

      もちろん記事へのリンクはご自由にどうぞ!
      良ければさとこさんのブログのURLも教えて頂けませんか?

      前のコメントにも書いたのですが、僕は昔数年間、宮城県石巻市に住んでいたことがあるので、石巻市にはかなりの思い入れがあり、少しでもあの町の助けになりたいと思いました。
      それでこのような考えに落ち着きました。

      公平性は思い切り欠くことになると思うのですが(^^;)、長期支援をするに当たってこの「思い入れ」というのが重要だと思いました。

      各市町村にはそれぞれこの「思い入れ」を持つ日本人が必ずいると思うので、きっとどこもスグに復興すると信じています!(^_^)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA