ゆうすけの豪海倶楽部 – 2010.04

http://www.gokaiclub.com/「ゆうすけの豪海倶楽部」4月号を更新しました。
「生物多様性」って言葉がいまいちシックリこない。
その字面に沿って意味を考えると、一般市民には「多様であることは素晴らしい!」と生物の”多様性”が絶対的に良いことだと解釈されてしまう。
しかし、これはいったい何を目指しているんだろう?この言葉を周知させることで一般市民にどんな意識を持ってもらいたいのか?と考えると、この言葉はちょっとおかしい気がするのだ。
実は多ければ多いほどいい!ってな話ではない。
この均衡の取れた生態系を持続可能な状態で保つにはどうしたら良いのか?
これを考えることが、「生物多様性」の最も重要な部分なのだ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA