外観による命名は混乱を招く – シリーズ「和名考」その3

今回は僕(HARAZAKI.NET)のコメントになります。
————————————————————
shigeru_base_bigger.jpgしげる – HARAZAKI.NET (2010/03/24)
ねよしさんの和名に対する熱い思いは昔からきっちり理解しております。(^^)
「ネジリンボウ」は僕もとても良いネーミングだと思っています。
しかし、僕がこの和名を良いと感じるのは最後に「~ンボウ」と付くからだと思います。
いわゆる”その魚自身とはまったく関係のない言葉”を付ける事で親しみを増しているのです。
これが「その魚自身の”見かけの”模様」だけを表したネジリハゼだったら、きっと僕も良い和名だとは思わないです。
単に混乱を招くだけの危ない和名だと思います。
 > 「危ない」「安全」と言う意味がよく分らないのですが、
僕の言う「危ない」「安全」は混乱を招くかどうか?普段魚に接する事があまりない一般の方が聞いたときに和名に引っ張られて疑問を生じさせないかどうか?という事です。
人はなぜか必ず和名に引っ張られます。
その魚の特徴を和名に充ててしまったが故に、混乱している方はダイバーでも多数見られます。
特にビキナーダイバーの方に多い質問に次のようなものがあります。
「(和名が)”アカ~”なのにナゼ赤くないの?」
「(和名が)”タテジマ~”なのにナゼ縦縞じゃないの?」
ある程度、魚が好きでよく観察し、勉強しているダイバーなら、死後、魚の体色が変わることや、成長過程や雌雄、親子、そして興奮状態で体色や模様が変わることは知っています。
しかし日本国民の大多数は、そこまで魚を見ていないでしょうから、ちょっとツッコムとこうした疑問を持つと思います。
また体色や模様をそのまま和名に充てても、それはあくまでも現時点での話で、今後もっとその和名に適した魚が出てくる事も考えられます。
例えば魚の模様が縦縞だからと言って「タテジマ~」という和名を安易につけてしまっても、その後さらにクッキリとした縦縞をもつ魚が現れるなんて事は頻繁に起こっています。
その結果、その魚に「ニセタテジマ~」とか「ミナミタテジマ~」などという和名を充てる例が多くなっていきます。
そしてビキナーダイバーの方はこう質問してくるでしょう。。。
「なぜ、こっちの方がクッキリ縦縞なのに、こっちはニセなの?」
また不思議なもので、人は和名に引っ張られ過ぎるが故に、ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウ、キツネメネジリンボウと3種いるとしたら、最初の1種こそが代表魚、基本種、はたまた普通種だと思ってしまう傾向があります。
(種類によっては後続の種類が最初の1種よりも劣っているような錯覚を感じてしまう場合もあるのでは?)
263815_4215846498.jpgダイバー(観察者)の多い伊豆ではその通りなのかもしれませんが、例えば屋久島ではネジリンボウは稀種です。
見たこともない。
ヒレナガネジリンボウが最もよく見られるハゼなのですが、これまでのダイビング人生でネジリンボウをまったく見たことがない僕の中では、ヒレナガネジリンボウこそが「ネジリンボウ」の名を冠するべき魚であり、ネジリンボウは”ヒレナシネジリンボウ”とでもして欲しいくらいです。(笑)
こんな感じで僕も和名に引っ張られています。。。(^^;;
和名とはそういう種類のもの(和名がその魚のイメージを形成する)なので、やはり和名には「(現時点での)その魚自身の”見かけの”模様」を充てることは避けてもらいたいと思います。
まだ”その魚自身とはまったく関係のない言葉”である地名や人名を充てる方がマシだと考えます。
可能なら”その魚自身とはまったく関係のない美しい日本語”を充てた和名であれば、その方が好ましいとは思いますが、すべての学者さんがそのようなネーミングのセンスを持っているとは限りません。
余談ですが千葉県博の奥野さんはエビの名前に七福神すべての名前をつけようとビシャモンエビとかベンテンコモンエビなど素敵な和名をつけていますが、こうしたセンスのある学者さんは稀だと思います。
となると、やっぱり無難なのは地名や人名なのかなぁ。。。と思ってしまいます。
yakuku1.jpg同じように
「えっ?この魚は屋久島にしかいないの?」
などと勘違いされてしまう危険性はありますが、地名の場合、どちらかというと次のような質問、というか言葉の方が圧倒的に多いです。
「えっ?これって沖縄にもいたよ?伊豆大島でも見たよ!」
それに対して僕はこう答えます。
「屋久島で標本が取られ、それを元に論文が書かれたからヤクシマキツネウオなんだよ。海水魚の世界で固有種というのはそもそもあまり例はありません。」
と。(実際は未だに成魚の記録は屋久島だけなのですが。。。(笑))

ここには体色や模様といった、下手すると個人個人で見え方が変わるものを基準に和名をつけていないので、その説明だけで十分だと思います。
kitunesp1.jpgこれを仮に他では見られない成魚オスの最大の特徴から和名をつけて「アカヒレキツネウオ」などとしたら、説明が大変です。
納得してもらえるかも怪しいです。
見方によっては赤く見えないかもしれないし、そもそも多くの人のヤクシマキツネウオのイメージは蛍光ブルーの体色に蛍光イエローのライン2本の幼魚の方だと思うので。。。(笑)
思わず長くなってしまいました。。。申し訳ありません。
やっぱり、ムダに長くなってしまいました。
簡潔に言いたい事をまとめられる技術と文才が欲しいです。
————————————————————
次回はこの僕(HARAZAKI.NET)のコメントに対するねよし(富戸の波)さんのコメントになります。

ディスカッションに参加

1件のコメント

  1. 第361回  タイッツー – その1 ~ 和名ブラザーズの往復書簡 ~

    当HPでは、その年の最後のログには「富戸十大ニュース」と言う特集を毎年掲載しています。これは、その1年間に僕が富戸の海で見た様々な出来事をランキング形式で…

コメントをどうぞ

富戸の波 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA