天から舞い落ちる

屋久島のムレハタタテダイ
ムレハタタテダイの群れ / 一湊 -20m

11月にもなると黒潮は屋久島から完全に離れ始め、水中の透明度も夏に比べて落ち始める。
綺麗な薄いブルーだった海の色も濃いブルーに変わり、水中は何となく暗い感じの日が多くなってくる。
真っ白い砂地の中層で数千匹の群がりをつくるムレハタタテダイは、そんな暗い海を華やかに演出してくれる魚のひとつだ。
ダイバーが近づいていくと中層で群れていたムレハタタテダイたちは、一斉に白い砂地に点在する岩や構造物に向かって流れるように斜めに舞い降りていく。
みな同じ方向を向き、綺麗に舞い降りていくと暗い海は一気に派手になり、南国っぽい海に早替わりする。
冬が近づく海であることを忘れさせてくれる瞬間だ。
ところがたまにこうした岩や構造物から、かなり離れたところで群れていることがある。
こうした群れに近づくと斜めに舞い降りるのではなく、水底に向かって真っ逆さまに落ちていくのだが、こうなるとムードはまたガラリと変わる。
ムレハタタテダイたちが一斉に天から降る雪のように舞い落ちる光景は幻想的で、美しい。
こんなときは、むしろ多少暗い海の方が雰囲気があって良かったりするのだ。

ディスカッションに参加

4件のコメント

  1. ムレハタタテダイを真剣に見るようなことが
    無くなっていましたが、素敵な写真ですね。
    今度、実際に見てみたいな。

  2. ムレハタタテダイの群れはどの地域でも見られるようですが、屋久島の漁礁界隈の群れはものスゴイです。
    まず、数が半端じゃない!(^^)
    すべてが1ヶ所に集まる時、その数は数千匹になります。
    おまけにロケーションも良いので、いろいろと作品作りができるかと思いますよ♪

  3. ジョニーさん、ありがとうございます!
    CG作品!(笑)
    よく海外のwildlife系の自然写真家が撮る一見CG作品のように見える野生動物の写真は、僕の目指している写真なのでとても嬉しいです♪(^^)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA